マギアレコード(マギレコ)攻略速報 | まどマギ アプリまとめ

マギアレコード(マギレコ)の敵って魔女?魔獣?

2017年の春くらいに配信予定のマギアレコード(マギレコ)ですが、これってまどマギの何に当たるですかね?
まどマギの続編なら魔女じゃなくて魔獣になってますし。
けど制作陣を見ると「魔女原案」って書いてるので敵は魔女の様な気も。
って事はこのマギレコって時間軸はまどマギと同じなんじゃないか説。

まどマギの世界と同じ時間軸で舞台が違うだけっていう。
まあ、マギレコの謳い文句はまどか☆マギカ外伝ですもんね。
Twitterとかでも時間軸が気になるって意見があるみたいです。
個人的にも気になりますよ、ええ。
けどまあ、なんとなくですけどまどマギと時間軸は一緒の様な気がするので、マギレコにもまどマギキャラは出てきそうな予感。

そもそも外伝だし。
外伝の概要↓

外伝という言葉の歴史は古く、古代中国において既に使われており、1世紀頃には、歴史書『国語』を指して『春秋外伝』(『春秋左氏伝』に対する外伝)とする例がある。日本には5世紀から6世紀頃に、『春秋左氏伝』を含む『五経』(儒教の基本経典)などと共に伝わったとされる。このことから、「外伝」は「伝記」と共に、記録方法が主として文書であった頃から使われている言葉であり、本来は文書に対して用いられる(文書以外に用いることが考慮されていない)言葉であることが分かる。しかし、新しい記録方法(音声の録音や映像の録画)の発明や普及に伴って、外伝を扱う分野や範囲も広がっていった。
第二次世界大戦後、漢字表記の堅苦しさを敬遠して、それらに代わる響きの良いカタカナ語が多数造られたが、大衆小説や映画、テレビドラマといった娯楽作品では、それまでなら「外伝」とされたであろう作品に「サイドストーリー」や「アナザーストーリー」などと銘打つようになった。逆に、SFやファンタジーのジャンルでは、そこで描かれる架空の戦記や伝説などに真実味を与える重厚なイメージが好まれるためか「外伝」と銘打たれる作品もいまだに多い。
外伝に記される内容は、本筋(全体としての事象の流れ)において本伝や本編と矛盾せず、整合性が保たれているのが一般的である。しかし、特にフィクションにおいては、「外伝」と名づけられてはいるものの、本編とは全く違う展開や結末を迎えるものがある。これらはいわゆる「パラレルワールド物」や「if(架空)物」と呼ばれるジャンルの作品である。さらに、登場人物や設定の一部だけを使用し、本編との整合性を考慮せずに制作された、事実上本編とは無関係な内容の作品も登場している。

実際どういう設定なのかは公式からの情報がないとわからないですが、まどマギと時間軸は同じなんじゃないか説に一票で。

コメントを残す

サブコンテンツ

PageTOP